いらないおもちゃは捨てずに買取業者へ|売って新しいものをゲット

電卓を持つ人
  1. ホーム
  2. 古物商に刀を売却する

古物商に刀を売却する

刀

古物商の特徴を知る

刀剣の買取を行っているところは国と自治体からしっかり許可をもらっています。よって、銃刀法関連の諸問題はクリアしているので安心して利用しましょう。やけに高い値段で買取を行っているところは、まず許可証が存在するのかどうかを調べるべきです。失火許可を取っているならば何も問題はないので、まず査定を依頼しましょう。刀剣は骨董品であり、鑑定するのはなかなか難しい代物です。無条件に効果であると思われがちですが、幕末時代に包丁並みの切れ味しかない刀が大量生産されたことがあります。そうした刀は鉄のインゴットと同等の価値しかありません。名刀とは天と地の差があることを知っておきましょう。刀剣買取ができる古物商の特徴としては、そうした量産品かどうか、刀匠の銘が刻まれているかどうかを調べることができるというものがあります。

刀関連で知るべき事

刀は無条件に高い価値があるわけではないのですが、中には上等なものも存在しています。太平洋戦争で出兵する人が持っていき、そのままアメリカ兵に回収されてしまってほとんど残っていませんが、家宝などにされていたものです。そうしたものは時々発見されることがあるので、そのことを把握しておき、信用できる古物商に鑑定してもらいましょう。ただし、幕末時代の村正と彫られた量産品は確実に偽者なので、低い査定が出ても怒らないように気をつけるべきです。名刀の銘が刻まれた量産品は意外なほど数多く存在しています。刀剣買取を行う場合もほとんどがそうした偽者ばかりなのです。今もっている刀剣がそうしたものかどうかを知るためにも、古物商に査定を依頼するといいでしょう。